トップ > エヌッテックのおすすめ塗装・日本ペイント・サーモアイ

遮熱断熱塗装

太陽光線を反射し熱を遮る。室内の温度を抑え快適な環境を実現。住宅やアパートの屋根塗装に太陽熱高反射(遮熱)塗装

【地球環境にやさしいエコ塗装】節電効果抜群!塗り替えで蘇るサーモアイのサイクル

塗り替えで蘇るサーモアイのサイクル
住環境を快適にする遮熱塗装(太陽熱高反射塗料の塗装)

日本の気候は亜熱帯に属し、四季がある素晴らしい国ですが気温は冬は零下で夏は30度を超え、建物にとっては厳しい自然環境と言われています。 また、家庭にとっても冬季の暖房費や夏季の冷房費は響くと同時に、温暖化ガスであるCO2の排出を増加させています。
遮熱塗料を屋根に塗ることで夏場の室内温度上昇を抑え冷房費を低減できます。 また、冬場は夏場に比べ平均日射量が約1/3になり室内温度にはほとんど影響せず暖房費を高くすることはありません。
主な用途は、新生瓦などの窯業系屋根材やトタンなどの金属系屋根材です。 遮熱塗料は比較的新しい塗材で日々新たな機能を追加したものが市場に出てきています。 ほとんどの商品が低汚染、耐候性、防カビ、防藻性などの付加機能を兼ね備えています。
(遮熱塗料を太陽熱高反射塗料ともいう)

遮熱塗装のメリット

地球温暖化ヒートアイランド対策
太陽光の反射による温度上昇抑制とCO2排出量削減によって環境負荷低減に貢献します。
屋根の温度を下げる
太陽熱を反射させることで、夏の暑い日でも屋根の温度上昇を抑え、快適な環境づくりに貢献。
CO2削減
使用する電力量を抑えることができるため、発電時に発生するCO2の削減に貢献できます。
省エネルギー
エアコンの温度設定を緩和するため、省エネや電気代の節約につながります。

従来の塗料と比較する、遮熱のメカニズム

遮熱のメカニズム
建物の遮熱

ここで言う遮熱とは、太陽の光を反射させて屋根の蓄熱を抑える働きのこと。太陽の光エネルギーは、屋根に当たって熱エネルギーへと変化し、屋根そのものの温度を上昇させます。屋根から熱が伝わると、室内の温度も次第に上がっていきます。遮熱塗料はこのメカニズムに注目したもので、太陽光を多く反射することで屋根の温度上昇を最小限に抑制します。(図参照)
このような働きから、遮熱塗料にはさまざまな効果が期待できます。まず、屋根の蓄熱を抑えることで、地球温暖化やヒートアイランド対策にも貢献。さらに、室内温度を下げることで省エネやコストダウンを実現し、同時にCO2排出量の削減にもつながります。

▲このページのトップへ

室内温度の条件

室内温度の条件

室内の温度を上昇させるのは、主に太陽熱や外気温の働き。しかし、太陽の角度や風の強さ、屋根の素材・色によってその温度上昇率は変わってきます。
また、機械や電気製品の稼働率や人・モノの多さ、換気やエアコンなども温度を左右する大きな要因に。このように複雑な条件が絡み合い、室内の温度が決定されるのです。

▲このページのトップへ

遮熱塗料の働き

遮熱塗料の働き

太陽の光エネルギーは、約50%が赤外線、約47%が可視光、残りの3%は紫外線から成り立っています。遮熱塗料が果たす役割は、太陽光による赤外線を効率よく反射させること。右のグラフは、ほぼ同じ色の従来塗料と遮熱塗料の日射反射率を領域ごとに比較したものです。
日射反射率とは、太陽の光エネルギーをどれぐらい反射するかを表す指標のこと。この数値が大きいほど、遮熱性能が高いことを意味しています。比較図(上の図1)からもわかるとおり、遮熱塗料はより多くの赤外線を反射するため、その分の熱エネルギーの吸収を抑えることができ、室内の温度上昇を抑える効果が期待できると実証されています。

▲このページのトップへ

太陽熱高反射塗料と断熱材の違い

遮熱のメカニズム

同じような効果があるように見えますが、意味合いは別のものです。この違いは、熱エネルギーへの考え方でわかります。太陽の光エネルギーは、屋根に当たると熱エネルギーへ変化し、屋根の温度を上昇させます。この熱が家の中まで伝わり、室内の温度が高くなっていきます。
断熱材とは、熱エネルギーが通りにくい素材のこと。この素材を厚くすればするほど、室内に流れる熱エネルギーを小さくできます。つまり、屋根からの熱を室内に伝わりにくくするのが、断熱の特徴です。一方、太陽の光エネルギーを反射して、屋根の温度上昇を妨げるのが太陽熱高反射塗料です。太陽熱高反射塗料は、太陽光が熱エネルギーに変わる前に、塗膜部分でその大半を反射。屋根が温まるのを未然に防ぎ、室内の温度上昇も防ぐことができるのです。さらに、太陽の光が熱へ変化することを抑える効果があるので、地球温暖化やヒートアイランド対策に貢献できるのです。

▲このページのトップへ

塗膜トータルで反射性能を向上させる、遮熱断熱塗装・サーモアイ

ハイスペックな遮熱塗料・日本ペイント・サーモアイ
サーモアイは日本ペイントの遮熱技術「ATTSU-9」を活用した、太陽熱高反射させるハイスペックな遮熱塗料です。

新たな顔料技術「赤外線透過混色」を採用することで、遮熱性能を向上させ、上塗り層で反射できない赤外線を吸収させずに透過させることで、下塗りの遮熱効果を最大限に発揮する塗装工法を採用します。

▲このページのトップへ

塗装に最適な建物種別

戸建て住宅のカラーベスト屋根
戸建て住宅のカラーベスト屋根
  • 戸建て住宅の屋根
  • 一般建造物の屋根:物流・配送倉庫、冷凍・冷蔵庫、食品加工工場、その他各種食品加工工場、飼育施設(牛小屋、養豚場、養鶏場)など
  • プラント
  • 学校、体育館
  • ビル・マンション
  • 集合住宅、アパート

▲このページのトップへ

おすすめの屋根素材

戸建て住宅のトタン屋根
戸建て住宅のトタン屋根
  • スレート屋根(カラーベスト)
  • 鋼板屋根
  • トタン屋根
  • 薄型塗装瓦

▲このページのトップへ

実験結果詳細グラフ(耐久性データ)

耐候性超促進試験結果【過酸化水素負荷型】
耐候性超促進試験は一般的な塗膜の耐候性の実力を見るための試験

キセノンランプ試験を機に、過酸化水素水をスプレー供給することで、負荷強度を大幅に高めた促進試験。おもに超高耐候性塗料や屋根用塗料などの性能試験に用いられています。

▲このページのトップへ

日射反射率保持率

日射反射率保持率実暴露試験結果
エヌテックならではの塗装技で建物を強靭な塗膜で長持ちさせます。

初期の日射反射率(遮熱性能)をどれだけ維持しているかの指標。おもに汚れの付着などの要因によって、変化する遮熱性能を長期的にどれだけ維持できるか判断する試験初期の遮熱性能をどれだけ維持することができるか判断する重要な試験

▲このページのトップへ

サーモアイなら豊富なカラーバリエーション

工場・倉庫などの屋根におすすめの清涼色・FACTORY COLORS
クールローズクールライトブラウンクールビンテージローズクールチェリーブラウン
クールビスケットブラウンクールクリームクールシルバーアッシュクールパールライト
クールアルドワーズブルークールセレスティブルークールライトグリーンクールベリーリーフ
クールサファイアブルークールウィスタリアブルークールライトブルークールベビーブルー
戸建て住宅などの屋根におすすめの重厚色・FAMILY COLORS
クール赤さびクールナポリブラウンクールジェノバブラウンクールコーヒーブラウン
クールオレンジエロークールローマオレンジクールブラウンクールトリノブラウン
クールマルーンクールチョコレートクールニューワインクールダークチョコレート
クールホワイトクールライトグレークールダークグレークールディープグレー
クールグリーンクールミラノグリーンクールボローニャグリーンクールモスグリーン
クールスカイブルークールベネチアブルークールナスコンクールブラック
この色見本はディスプレイで再現している色のため実際の仕上がりとは異なります。

サーモアイは環境省・環境技術実証事業

サーモアイは環境省・環境技術実証事業

環境技術実証事業とは、環境省の主導により、環境保全効果等が有用な技術の普及促進と、環境産業における経済活性化を目的として実施されている事業であり、第三者機関による客観的な評価によって、その効果が実証されます。サーモアイは、この実証事業において、効果を実証されています。

▲このページのトップへ

必見!ビル・マンション大規模修繕

夏は涼しく冬温かい遮熱断熱塗装

お住まいのカラーシミュレーション

お電話での外壁塗り替え・遮熱塗装のお問い合わせ・横浜 045-780-3708 株式会社エヌテック

月〜金8:00〜19:00
土日祝休
現地調査・外壁診断
お見積もり・ご相談無料!

外壁塗り替え・屋根遮熱塗装のご相談・資料請求のメールでのお問い合わせ
営業施工対応エリア:
【神奈川県】横浜市金沢区、磯子区、港南区、栄区、戸塚区、南区、瀬谷区、中区、西区、旭区、泉区、保土ヶ谷区、神奈川区、港北区、緑区、都築区、横須賀市、鎌倉市、逗子市、川崎市
神奈川県全域、とくに横浜市、川崎市、横須賀市などの神奈川県東部

全国のネット塗装店eペイント 神奈川

外壁塗装はペンキ屋ネット 神奈川